渡辺大 渡辺謙の存在に変化「父というよりも偉大な先輩」

[ 2015年10月29日 13:11 ]

徹子の部屋に出演した渡辺大

 俳優の渡辺大(31)が29日放送のテレビ朝日「徹子の部屋」(月~金曜正午)に出演。父で俳優の渡辺謙(56)や妹で女優の杏(29)ら家族について思いを語った。

 今年の元旦に、杏が俳優の東出昌大(27)と結婚。大は、実際に会って感じた東出の印象を「素直ないい人」と語り、杏と東出の様子を「幸せそうでいいな」と思ったという。また、東出の兄にも会う機会があり、兄も東出と同じく190センチほどの長身であったことを明かした。

 父の渡辺謙は今年、主演した舞台「王様と私」で米演劇界最高の栄誉「トニー賞」のミュージカル部門主演男優賞にノミネート。そのことについて黒柳徹子(82)から聞かれた大は、ニューヨークへ舞台を見に行ったことを明かし「アメリカで日本人が主演で舞台に立っているのを見て、すごいびっくりしたし、自分も刺激を受けた。(父は)やっぱり凄いなと思った」と振り返った。

 「僕も俳優として、何かちゃんとしたものを1本持ちたい」と今後の意気込みを語った大。自身にとっての、父・渡辺謙の存在については「父というよりも、だんだんと偉大な先輩になっている」と、変化があることを告白した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2015年10月29日のニュース