沢口靖子「科捜研の女」シリーズで京都府警から感謝状

[ 2015年10月3日 05:30 ]

坂井孝行京都府警本部長(右)から感謝状を贈られた沢口靖子

 京都府警は2日、府警科学捜査研究所(科捜研)をモデルにしたテレビ朝日のドラマ「科捜研の女」で主人公の研究員を演じる女優の沢口靖子(50)に、捜査技術の実用化や女性職員の増加に貢献したとして感謝状を贈った。

 府警は防犯カメラなどの画像から3Dの顔を再現する技術を開発中だったが、ドラマに登場し注目されたことが追い風となり、実用化へ進んだという。ドラマ放送開始時の1999年に府警科捜研の女性職員はゼロだったが、今では6人になったとしている。沢口は「大好きな作品で表彰していただき、本当にうれしいです」と笑顔を見せた。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2015年10月3日のニュース