さしこ「恋愛禁止、やめません?」交際発覚アイドル賠償命令に持論

[ 2015年9月27日 11:12 ]

HKT48の指原莉乃

 HKT48の指原莉乃(22)が27日放送のフジテレビ「ワイドナショー」(日曜前10・00)に出演。アイドルグループのメンバーだった女性(17)が異性との交際を禁じた規約に違反したとしてマネジメント会社などに訴えられ、損害賠償65万円の支払いを命じられた話題に言及。「恋愛禁止って、やめません?」などとアイドルの恋愛に持論を展開した。

 自身も、ファンを名乗る男性と交際していた過去を2012年6月に週刊誌で報道され、福岡に移籍。今回の件には「ちょっと事務所がやり過ぎじゃないのかな。この女性にも、もちろん問題はあるんですけど、私と同じように別のグループに移籍するとか、そのぐらいでよかった。(峯岸みなみの)丸刈りは衝撃的すぎたけど」と感想。

 続けて「恋愛禁止って、やめません?こんな大きく言うことじゃないというか。もっとラフな口約束とかで、どうにかしてほしい。もちろんファンの方の気持ちも分かるんですけど(損害賠償の)お金とか、そういうことになりだしたら、そんなことにまでなる?と思います」と持論を展開した。

 東京地裁は今月18日に「交際発覚はアイドルのイメージを悪化させる」と規約違反を認め、65万円の支払いを命じた。インターネット上などで賛否が分かれた。

 判決によると、女性は2013年3月に会社と契約を結び、交際禁止を定めた規約を受け取り、6人グループで7月にデビュー。女性が男性ファンに誘われ2人でホテルに行ったことが発覚し、グループは10月に解散。女性は「交際しないことが女性アイドルの不可欠の要素ではない」と主張したが、児島章朋裁判官は「男性ファンの支持を得るため交際禁止の条項が必要だった」と判断した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2015年9月27日のニュース