真木よう子離婚…元俳優の夫と7年、ささやかれていた危機

[ 2015年9月27日 05:30 ]

離婚した女優の真木よう子

 女優の真木よう子(32)が元俳優の片山怜雄(れお)氏(33)と離婚していたことが26日、明らかになった。所属事務所が報道各社にファクスで発表。長女(6)の親権は真木が持つ。

 書面では「今月に入り、すでに都内の区役所に離婚届を提出いたしました」と報告。「突然のご報告になりましたが、何分プライベートのことでございますので」とし、離婚に至った経緯などは一切明らかにしていない。

 2人は2008年11月に結婚し、09年5月に長女が誕生した“できちゃった婚”だった。本紙の取材では、片山氏はすぐに俳優をやめ“専業主夫”として育児と家事に専念。一方で真木は、深夜まで共演俳優らと飲み歩く姿がたびたび目撃されるなど、以前から離婚危機がささやかれていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2015年9月27日のニュース