DAIGO 24時間マラソン決意「めちゃくちゃSKR」

[ 2015年5月27日 05:30 ]

マラソンランナーを務める決意をしたDAIGO(中)

 歌手でタレントのDAIGO(37)が26日、日本テレビのバラエティー「幸せ!ボンビーガール」に生出演し、同局「24時間テレビ38」(8月22、23日)のチャリティーマラソンランナーのオファーを快諾した。

 1週間前の同番組で今年のランナーの要請を受け、この日の番組内で返答するとしていた。「決めたのは、きょう(26日)」と期限ギリギリまで悩んだという。

 番組終了後に都内の同局で会見。「めちゃくちゃSKR(スッキリ)」と、まずは代名詞となっている省略語でひと言。この1週間、テレビの共演者らに相談。「こんなに長い1週間は人生で初めて」と悩みに悩んだことを告白した。

 これまで最も長い距離を走ったのは中学生時代の12キロ。それ以来、長距離走の経験はほとんどないといい、「いま走るとしたら3キロが精いっぱい」と自己分析。会見に同席したチャリティーマラソンの専属コーチを務める坂本雄次氏は「かなり細いですね」と心配そうにDAIGOを眺めたが、「30代の男性(のコーチ)はなかったので、厳しく鍛えたい」と腕をぶした。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「なつぞら」」特集記事

2015年5月27日のニュース