松たか子 タモリと「アナ雪」トーク!りえ“男前ぶり”明かす

[ 2014年11月16日 08:20 ]

「ヨルタモリ」で“アナ雪”トークを繰り広げた松たか子(左)とタモリ(C)フジテレビ

 女優の松たか子(37)が16日放送のフジテレビ「ヨルタモリ」(日曜後11・15)にゲスト出演。今年、ディズニー映画「アナと雪の女王」の日本語吹替版声優を務め、主題歌「Let It Go~ありのままで~」を歌い、社会現象に。タモリ(69)らと“アナ雪”トークで盛り上がる。

 今年3月末に「笑っていいとも!」が32年間の歴史に幕を閉じてから、タモリの同局レギュラー復帰作。タモリは東京・湯島あたりにある新装開店のバー「WHITERAINBOW」(ホワイトレインボー)にふらりと訪れた客という設定で、ゲストとトークを繰り広げる。

 女優の宮沢りえ(41)がバーのママ役で、バラエティー番組のレギュラーに初挑戦。コントあり音楽ありと通常のトーク番組とは一線を画し、話題を呼んでいる。

 タモリは9日放送分から岩手・一関でジャズ喫茶を営むマスター・吉原(よしわら)さんにキャラクターを変更。“アナ雪”談議に花が咲く中、マスターが松に掛けた言葉とは?さらに、松とのトークを通じ、ある真実を発見する!?

 また、宮沢と松は2009年1~2月、野田秀樹氏(58)作・演出の舞台「パイパー」で姉妹役を演じ、初共演。当時のエピソードも披露され、宮沢は親友・松の“男前ぶり”を絶賛する。

続きを表示

「美脚」特集記事

「竹内結子」特集記事

2014年11月16日のニュース