さんま 離婚の日取りはシャレで決めた「全部9で わざと」

[ 2014年11月16日 15:27 ]

明石家さんま

 タレントの明石家さんま(59)が16日に放送されたフジテレビ「さんまのまんま」で、女優・大竹しのぶ(57)との離婚秘話を明かした。

 この日のゲストは芸能レポーターの井上公造氏(57)と駒井千佳子氏(49)。駒井氏から「さんまさんって全部9月なんですよね、結婚もIMALUちゃん生まれたのも離婚も」と指摘されると、さんまは「全部9で。わざと」と告白。

 1988年9月29日に結婚、89年9月19日にさんまの長女・IMALUが誕生。それぞれ9が続いたのは偶然だったが、「離婚は2年前くらいから決まっていましたから、これは9月9日にしよう」という考えで、92年9月9日に大竹と離婚したと明かした。

 井上氏から「シャレですよね」と指摘されると、「一応気が付く人は気が付くだろう」と考えを明かしたさんま。さらに「さんまさんが再婚するとしたら9月以外マークしなくていいんですね?」と問われると「その通り!」と明言していた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「竹内結子」特集記事

2014年11月16日のニュース