尾木ママ 鹿児島の大学受験“ニンジン作戦”に憤慨「吐き気がします」

[ 2014年11月16日 21:12 ]

尾木直樹氏

 「尾木ママ」こと教育評論家の尾木直樹氏(67)が16日、自身のブログを更新。鹿児島県伊佐市が県立大口高校から難関大学へ進学した生徒に100万円支給するという報道に物申した。

 鹿児島県の進学指導重点支援校に指定されている大口高校から、東大や京大、九州大などの国立大や、早大、慶大などの難関私立大に合格した場合は伊佐市が100万円を支給するとした方針が13日に報じられた。この報道を受け尾木ママは「なんてあさましい高校?反教育の極みだ!!教養も良識のかけらもない」と憤慨。

 難関大への合格実績を上げるための“ニンジン作戦”を「教育犯罪」と弾劾し、「違法じゃないけど尾木ママ吐き気がします!!学校という名の風上にも置けない。その反教育犯罪の内容語る気にもなりません…。激怒通り越して悲しいです!(--;)」と呆れ返った。

続きを表示

「美脚」特集記事

「竹内結子」特集記事

2014年11月16日のニュース