「秒速で1億円稼ぐ男」“転落”で貯金19円

[ 2014年11月16日 13:09 ]

与沢翼氏

 2011年9月に元手10万円でアフィリエイトを利用したビジネスを始め、わずか半年間で7億円を稼ぎ出し「秒速で1億円稼ぐ男」と呼ばれたものの、今年4月に経営する会社「Free Agent Style」が破綻した実業家の与沢翼氏(32)が16日放送の大阪・関西テレビ「マルコポロリ!」(日曜後0・59)に、恋人のモデル・相原麻美(26)とともに出演した。

 今年1月に交際がスタート。お互いを「あーたん」「つーくん」と呼び合う。与沢氏のブログには「アクセスがすごい取れる」と相原の露出の多い水着姿など“セクシーショット”が度々登場する。

 “転落”した与沢氏だが、相原は「テレビが見たことあって、最初は大嫌いだった。でも会ってしゃべったら、しゃべり方もおっとりしてて、あれ違うなと思って。ギャップで、いい人だって思って、仲良くなってみようっていう。お金があって羽振りがいい人は嫌い。今の方が好きです」とノロケた。

 7000万円のロールスロイス、都内の複数マンションの家賃総額は月800万円以上。30歳にして年収12億円の“ネオヒルズ族”となった与沢氏。「お金に価値を置けなくて。大切だって思っていれば、貯金してたと思うんですよ。あと若い時に思ったこと全部やってみたいなというのがありましたね」。年間の飲み代は「2億は使いましたね」という“散財”ぶりだった。

 しかし、昨年4月に会社の経営を部下に任せると、急激に経営が悪化。9月には納税額が3億円を超えることが判明。「それはまだ何とかなりそうだったんですけど、予定納税で来年の半分の請求が来た時に、もう無理だなと」。10月には役員・社員による使途不明金・盗難が次々に発覚した。今年2月には入金窓口のカード会社が倒産。資金繰りがショート。4月にマンションを解約、高級外車を売却し、経営危機を告白した。

 現在の給与は今年1月から停止。「会社のお金はもちろんありますよね。個人としては貯金19円とかじゃないですかね」と打ち明けた。

 今月、シンガポールにアプリ開発の新会社を設立。相原は「仕事は頑張って成功してほしい。支えてついていこうかな」としながらも「貧乏になることよりも、浮気される方がつらい」と、かつて6つの家に6人の彼女がいた与沢氏にクギを刺した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「竹内結子」特集記事

2014年11月16日のニュース