NMB 白間&矢倉、次世代エースWセンターの新曲初披露

[ 2014年10月15日 05:30 ]

ダブルセンターを務めたNMB48の白間美瑠(前列左)と矢倉楓子(右)(C)NMB48

 NMB48が14日、グランキューブ大阪で結成4周年記念公演を開き、新曲「らしくない」(11月5日発売)を初披露した。今回は白間美瑠(17)と矢倉楓子(17)のダブルセンター。NMBのシングル曲で山本彩(21)、渡辺美優紀(21)以外のセンターは初めてで、不動のツートップを従えた次世代エースが堂々のパフォーマンスをみせた。

 白間は11月26日発売のAKB48の38枚目シングルの選抜メンバーにも選ばれた成長株。この日が誕生日で“ダブルおめでた”に「最高の誕生日になりました!うれしろまー!」と歓喜のダジャレ。2期生でチームMのエース矢倉は、胸元まであったロングヘアを約15センチカットして登場し「新しい私を見てください!」とセンターの自覚を示した。同曲のミュージックビデオも初公開され、音楽学校の先生役で出演した作曲家キダ・タロー氏(83)が柏木由紀(23)をビンタするシーンもあり、満員の場内が沸いた。

 また、NMBのドキュメンタリー映画を製作することも発表。来年公開予定で、結成後4年間を振り返る。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2014年10月15日のニュース