モー娘。紅白出場なら「道重さんの魂を一緒に持っていきます」

[ 2014年10月15日 21:01 ]

新曲「TIKI BUN」発売記念イベントを行った「モーニング娘。’14」

 モーニング娘。14’が15日、同日発売されたリプルA面シングル「TIKI BUN/シャバダバドゥ~/見返り美人」のリリースイベントを東京・渋谷のライブハウスで行った。リーダーの道重さゆみ(25)の卒業公演まで1カ月半を切った。来年からは新メンバー4人が加入し、13人態勢での活動が始まる。

 12年もの間、メンバーとして第一線を走り続けてきた道重の卒業について、鞘師里保(16)は「卒業を聞いた時は不安な気持ちにが先に来てしまった。でも、今はしっかりと受け止めて、前に進んでいこうという気持ち」と素直な気持ちを吐露。

 道重は「12期のメンバーはみんなかわいい。羽賀朱音ちゃんは私がオーディションを受けた年に生まれているので、年齢差は感じるけど、若さのパワーとか勢いもあるので、今後もいい感じでかき乱してくれるんじゃないかなと。楽しみしています」と新メンバーへの期待も忘れなかった。

 モー娘。は昨年は再ブレークを言われながらも、NHK紅白歌合戦への出場を逃したが、道重の卒業前には「紅白10人で出たいですって言ってたんですけど」(工藤遥、14)と困惑。それでも「もし出られるとしたら、道重さんの魂を一緒に持っていきます。気持ちは道重さんと一緒の歌って踊っていたいなと思います」と話した鞘師。この言葉には道重も感無量の様子で「嬉しいです。ほんとにいい子たち、皆でよかったなって思う。全力で応援します」と話した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2014年10月15日のニュース