さしこ 握手会への思い明かす「交流の場を失いたくありません」

[ 2014年5月28日 05:30 ]

HKT48の指原莉乃(C)AKS

 HKT48の指原莉乃(21)が短文投稿サイト「ツイッター」で握手会復活への強い思いを表すなどメンバーがネットでの情報発信を再開した。

 指原は午後2時15分にツイッターを更新。「私たちは一人のせいでファンの皆さんとの交流の場を失いたくありません」と握手会への思いを明かした。

 事件直後に大島がGoogle+に「こんな事態になるなんて」と記したが、すぐに削除。それ以降、メンバーは2日近く、インターネットのサイトに情報を発信していなかった。握手会について指原は「警備がより厳重になるそうですが、それでもあの家庭的な感じは残してほしい」と希望。「アイドル好きとして、AKBだけじゃなく全ての現場で握手会がなくならないように願っています」と強調した。

 その後、大島もGoogle+を更新。「あんにん(入山)とかわえいにメールしたら二人から返信が来たので安心しました」と思いを述べ、6月9日に卒業するAKBについて「今後も愛されますように」と願いを込めた。小嶋陽菜(26)も「みんなとまた楽しい時間を過ごせますように」と劇場公演や握手会などの復活を祈った。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2014年5月28日のニュース