キンタロー。AKB襲撃事件に怒り「すごい腹が立った」

[ 2014年5月28日 12:17 ]

新勝馬投票法「SPAT4 LOTO トリプル馬単」発売記念記者発表会に金色の衣装でに出席したキンタロー。

 お笑い芸人のキンタロー。(32)が28日、都内で行われた新勝馬投票法「SPAT4 LOTO トリプル馬単」発売記念記者発表会にお笑い芸人の波田陽区(38)とともに登場。25日に岩手県で行われたAKB握手会で川栄李奈(19)、入山杏奈(18)らが切りつけられた事件についてコメントした。

 一口50円から購入でき、最高払戻金が3億円という新勝馬投票法ということで、3億円当たったらどうするか聞かれ、キンタロー。は「アイドルとしてデビューしたい。その資金にしたい」と目を輝かせた。

 元AKB48の前田敦子(22)のモノマネでブレークしたこともあり、「無料ライブを東京ドームでやりたい。私があっちゃんをやるので、他の47人を雇って、AKB48さんのライブを模倣したライブをやりたい。メンバー間のキャッキャッキャッっていうのを味わいたい」と夢を膨らませた。先日は大人AKBにも応募し、最終選考まで残ったものの落選。「夢を見て、大人AKBでいけるかもってちょっと思っていた」とアイドルへの夢に悔しさをにじませた。

 25日の事件に被害にあった川栄、入山とは番組で共演経験もあるキンタロー。「本当に一生懸命ファンの方に喜んでもらおうと思って、10代20代の子が頑張っているので、あの時はすごい腹が立った」と事件を振り返り、「無事で良かった。今後は周りの人が心のケアをしていかないと」と2人を思いやった。さらに「“会いにいけるアイドル”というコンセプトとして素晴らしいと思ったのに、1人のためにこんなことが起きたら、ファンの人も気の毒」とファンの気持ちをおもんばかった。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「ジャニー喜多川」特集記事

2014年5月28日のニュース