つるの剛士 感激「将棋親善大使」就任 6・29委嘱式

[ 2014年5月13日 03:05 ]

「将棋親善大使」就任を依頼されたつるの剛士

 将棋好きで知られるタレントのつるの剛士(38)に、日本将棋連盟の谷川浩司会長(52)から「将棋親善大使」就任を依頼された。

 つるのはツイッターで写真をアップし「つるの様には将棋親善大使ご就任をお願いいたしたく、ご連絡させていただきました。ご承諾の程、よろしくお願いし申し上げます」と書かれた文面を公開。「ご承諾いただけるようでしたら」6月29日の「女流棋士発足40周年記念パーティーで委嘱式が行われると記されている。

 つるのは「わ、わ、 き、き、き、き、きたあーー! も、モチロンです!僕でよければ!ますます精進させていただきます」当然のように快諾。アマ三段の実力で、NHK「将棋フォーカス」で司会を務めるだけに、適材と言えそうだ。NHK杯テレビ将棋トーナメントで司会を長く務めた矢内理絵子五段も「おぉ!おめでとうございます♪ ぜひぜひよろしくお願いします」と祝福している。

 各界で活躍する将棋愛好家が将棋の魅力を広めるために務める「親善大使」。07年にプロ野球オリックスの井川慶投手(34)、今年1月にサッカー元日本代表の波戸康広氏に委嘱されている。

続きを表示

「美脚」特集記事

「竹内結子」特集記事

2014年5月13日のニュース