蟹江敬三さんお別れの会 名取裕子「出会えたことに心から感謝」

[ 2014年5月13日 14:58 ]

 3月30日に胃がんのため死去した俳優の蟹江敬三さん(享年69歳)のお別れの会が13日、東京都港区の青山葬儀所で行われ、俳優仲間や後輩俳優らが長きに渡って名脇役として活躍した故人に別れを告げた。

 白を基調にした祭壇には、独特の笑みを浮かべた蟹江さんの遺影が飾られ、日本テレビ「火曜サスペンス劇場」の「わが町」シリーズで共演した渡辺謙(54)やテレビ朝日「京都地検の女」シリーズなど多くの作品で共演した名取裕子(56)ら多くの俳優が姿を見せた。

 渡辺は「『あまちゃん』のじいちゃんみたいにひょっこり現場に顔を出しそうな気がします。いつでも現場に顔を出して。待ってるから」と呼びかけ、名取は「ひたむきに演じ、ひたむきに生きた蟹江さんのことは生涯忘れません。出会えたことに心から感謝します」と涙した。

 お別れの会の発起人には、演出家の蜷川幸雄氏、歌舞伎俳優の中村吉右衛門らが名を連ねた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「竹内結子」特集記事

2014年5月13日のニュース