みるきー センター独り立ち!新NMBチームB2お披露目

[ 2014年4月23日 05:30 ]

熱演する(左から)薮下柊、渋谷凪咲、渡辺美優紀、高柳明音

 NMB48のチームB2新公演「逆上がり」が22日、大阪・難波のNMB48劇場で初日を迎え、AKB48グループの垣根を越えた人事異動「大組閣」による新B2がお披露目された。

 センターはチームNから異動したSKEのチームSと兼務の渡辺美優紀(20)で、「このチームの今後が楽しみ」と手応えを口にした。同公演は09年に大島優子(25)らチームKが初演。渡辺はNMBのヒット曲「高嶺の林檎」やメドレーを含む18曲中8曲で中央ポジションを務めた。これまでのN公演では山本彩(20)とダブルセンターを務めてきたが独り立ちした格好。公演中、メンバーに「たくさんの人から、“B2が大好き”って言ってもらえるようチームにしようね!」とハッパを掛けるなど、さっそくエースの自覚をみせつけた。

 また、正規メンバーに昇格し、AKBチーム4と兼任の渋谷凪咲(17)が公演唯一のソロ曲「虫のバラード」を歌唱。「チーム生になりましたし、これから精いっぱい頑張ります!」と意気込んだ。

 また、AKBから完全移籍した梅田彩佳(25)市川美織(20)SKE48チームK2と兼任の高柳明音(22)も出演した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「竹内結子」特集記事

2014年4月23日のニュース