剛力彩芽が断然トップ 2013年テレビCM出演秒数、2位は上戸彩

[ 2014年3月6日 14:47 ]

剛力彩芽

 2013年の年間テレビCM出演動向が6日、ビデオリサーチから発表され、関東地区のタレント別露出量で剛力彩芽(20)が昨年3位から1位に躍進した。2位には昨年1位の上戸彩(28)3位には井川遥(37)が昨年53位から急上昇した。

 剛力はKDDI(au)、ヤマザキパンなど昨年1年間でCM出稿本数は2万848本に及び、総露出秒数は33万6080秒、ソフトバンクモバイルやアサヒビールなどのCMで2位だった上戸の1万4155本、23万1955秒に約1・5倍の露出量となった。このほか関西、名古屋地区でもトップだった。

 3番手の井川は、剛力と共演したKDDI(au)、三菱自動車などの出演で露出が大幅に増えた形、今年もサントリー「角ハイ」の新キャラクターとなりさらに目にする機会が増えそうだ。

 男性のトップは全体7位の高田純次(66)でウィルコム、totoビッグのCMで露出が大きかった。

 関東地区トップ10は以下の通り(カッコ内は主な出演CM)
1位 剛力彩芽(KDDI、ヤマザキパン)昨年3位
2位 上戸彩(ソフトバンクモバイル、アサヒ クリアアサヒ)昨年1位
3位 井川遥(KDDI、三菱自動車)昨年53位
4位 大島優子(NTTドコモ、ユーキャン)昨年6位
5位 武井咲(イオン、積水化学)昨年2位
6位 森三中(KDDI、久光製薬)昨年486位
7位 高田純次(ウィルコム、totoビッグ)昨年7位
8位 島崎遥香(NTTドコモ、ユーキャン)昨年164位
9位 役所広司(ダイハツ、大和ハウス)昨年43位
10位 佐々木希(ウィルコム、青山商事)昨年4位

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2014年3月6日のニュース