佐村河内氏 7日に謝罪会見「過ちを心から…」医療検査結果も

[ 2014年3月6日 16:55 ]

佐村河内守氏
Photo By スポニチ

 「両耳の聞こえない作曲家」として知られ、ゴーストライター騒動を巻き起こした佐村河内守(さむらごうち・まもる)氏(50)が7日、都内で記者会見を開く。

 6日、マスコミ各社にファクスが送られた。「皆様の前で、私が犯してしまった過ちを心から謝罪させていただきたいと思っております」とし、横浜市の要請で受けた医療検査の結果についても明らかにするという。

 佐村河内氏は2月12日未明、直筆の文書を送付し「3年くらい前から言葉が聞き取れる時もあるまで回復していました」と謝罪。文末で「やっと気持ちが整理できましたので、近いうちに必ず公の場で謝罪をさせていただきます」と記者会見の開催を表明した。しかし折本和司弁護士らが同15日、代理人を辞任したため、記者会見の開催が遅れる可能性が指摘されていた。

 2月5日に問題が表面化。ゴーストライターを務めていたと公表した桐朋学園大非常勤講師の新垣隆氏(43)が翌6日に謝罪会見してから1カ月。ついに本人が口を開く。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2014年3月6日のニュース