水野絵梨奈「E―girls」卒業後初仕事は舞台 ヒロイン抜てき

[ 2013年11月12日 08:45 ]

舞台稽古前にストレッチで開脚を見せる水野絵梨奈

 女性音楽グループ「E―girls」と「Flower」を先月卒業した女優の水野絵梨奈(20)が、舞台「広島に原爆を落とす日」(東京・俳優座、12月4日初日)にヒロイン役で出演する。

 卒業後の初仕事で、今月5日から稽古を開始。舞台はグループ活動を始めた直後に出演して以来3年ぶりで「原点に戻った気分」と笑顔。演出家の岡村俊一氏から3曲分のダンスの振り付けも任され「作品のテーマと自分の感情を重ねて表現したい」と抱負。今後は「お芝居とダンスを磨き海外に通用する女優になりたい」と夢を語った。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2013年11月12日のニュース