ダウンした今井メロ、報道に驚き「自分が倒れニュースになるとは」

[ 2013年11月1日 11:20 ]

体調不良で入院中の今井メロ

 10月30日に「心臓と脳の異常」で入院中と公表した06年トリノ五輪スノーボード・ハーフパイプ代表でタレントの今井メロ(26)が11月1日にブログを更新。自身の体調不良がインターネットのニュースなどで大きく取り上げられたことについて「まさか自分が倒れニュースになるとは思いもせず驚きました」と反響の大きさに驚いている。

 今井は10月30日のブログで「心臓と脳の異常が原因で倒れた」と入院したことを公表。病名については「応援してくれている皆さんに心配させてしまうだけな気がしたから…」と明かしていなかった。

 この日朝に更新したブログでは「度々お騒がせして申し訳ありません」とまずファンや関係者に謝罪。「倒れてからは医師の指導のもと安静に過ごしています だから、心配しないで下さいね」と病状が安定していることを報告した。

 昨年9月には自叙伝を出版し、2度の離婚など波乱万丈な過去を告白した今井。今回、精神的なストレスが体調に影響したのか、「倒れないためにも、今は考え過ぎない、無理しすぎない、泣きすぎない、…っと、とにかく身体へのストレスや負担を今は溜めず、笑顔の日々を送ることを心がけています」とつづっている。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「なつぞら」」特集記事

2013年11月1日のニュース