松ケン 初共演の竹野内豊の印象は「違う生き物」

[ 2013年11月1日 06:00 ]

ドラマ「オリンピックの身代金」の制作発表会見を行った(左から)松山ケンイチ、竹野内豊、黒木メイサ

 竹野内豊(42)が主演するテレビ朝日の2夜連続スペシャルドラマ「オリンピックの身代金」(11月30日と12月1日、午後9時)の制作発表が31日、都内で行われた。

 竹野内は初共演の松山ケンイチ(28)を「目で全てを語れる役者」と称えたのに対し、松山は「人間じゃなく違う生き物っぽい」と印象を語った。竹野内の妹を演じた黒木メイサ(25)は「こんなお兄さんがいたら素敵」と話した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「なつぞら」」特集記事

2013年11月1日のニュース