たかみな Xマスは一緒に!マー君に熱烈ラブコール

[ 2013年11月1日 06:00 ]

「チャリティ・ミュージックソン」発表会見に出席したAKB48の高橋みなみ

 AKB48が24時間パーソナリティーを務めるニッポン放送「ラジオ・チャリティ・ミュージックソン」(12月24日正午~)の記者会見が31日、都内で行われた。女性グループでは39回の番組史上初めて。メーン司会を務める総監督の高橋みなみ(22)は「楽天の田中将大投手に来てほしい」と熱烈なラブコールを送った。

 高橋といえば、マー君の“推しメン”として有名。8月16日にプロ野球記録となる21連勝を樹立した際には、スポニチ本紙に独占手記を寄せて快挙を祝福した。

 AKBは30日発売の新曲「ハート・エレキ」で、シングル盤では14作連続ミリオンセールスの最多記録を更新したばかり。連続記録が重圧になる時期もあったため、高橋は「(田中に)あの精神力の強さを聞いてみたい」と対談を熱望した。さらに、田中がツイッターでSKE48のツアーを告知してくれたことに触れ「AKBだけでなく、グループ全体を応援してもらっている感じがする」と笑顔。中心メンバーの相次ぐ卒業で転換期を迎えたグループを束ねる立場から「いまのAKBをどう思いますか、というお話もさせていただけたら」と真剣な表情で語った。

 過去には、ワールドシリーズを制したレッドソックスの上原浩治投手(38)もオリオールズ時代の09年に出演している。マー君の出演が実現すれば、「元気に24時間突っ走りたい」と意気込む高橋にとって最高のクリスマスプレゼントになる。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「なつぞら」」特集記事

2013年11月1日のニュース