氣志團・白鳥松竹梅がモデルの沖樹莉亜と結婚「それはそれは素敵な人」

[ 2013年11月1日 21:50 ]

モデルの沖樹莉亜と結婚した「氣志團」の白鳥松竹梅(左から2人目)

 ロックバンド「氣志團」のベーシスト・白鳥松竹梅がモデル・歌手の沖樹莉亜(27)と結婚したことを1日、バンドの公式サイトで発表した。

 「ワシ、白鳥松竹梅は、この度2013年10月25日に入籍っちゅうもんをしたんじゃ。おう、所謂一つの、結婚じゃ」と報告。「それはそれは素敵な人じゃ」とノロケた。

 「これまでの人生、ワシはずーっと好き勝手に生きてきたさかい、自分にこがぁな未来が待っておるとは、1ピコグラムも想像をしとらんかったが、噂のTomorrow Never Knowsってヤツやのう」と自らも驚き。「ワシも男じゃ。日々精進し、このベース一本で家庭を守り続けよう思うとる。これはマジや」と宣言した。

 沖はプロ野球・元日本ハムの沖泰司(52)の長女。2003年、モデルの鈴木えみ(28)とユニット「ジュエミリア」を組み、CDデビュー。ロシアのデュオ「t.A.T.u」の「ALL THE THINGS SHE SAID」を日本語カバーして話題になった。

 沖も自身のブログで報告。「付き合って5年目。これからもお互い支え合い、笑顔がいっぱいの家庭を築いていこうと思います!」と喜びをつづった。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2013年11月1日のニュース