草なぎ剛主演「独身貴族」 初回は12・6%

[ 2013年10月11日 10:00 ]

 10日にスタートした「SMAP」草なぎ剛(39)主演のフジテレビ系連続ドラマ「独身貴族」(水曜後10・00)の初回平均視聴率が12・6%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが11日、分かった。初回は15分拡大で放送された。

 独身貴族をテーマに3人の男女の恋模様を描いたトライアングルラブコメディー。主演の草なぎは独身を謳歌する映画製作会社の社長・星野守を演じ、伊藤英明(38)が離婚調停中んがら恋愛にどん欲な主人公の実弟・進を、北川景子(27)が結婚難民の脚本家志望のゆきをそれぞれ演じる。脚本は「アンフェア」などを手掛けた佐藤嗣麻子氏の書き下ろし。

 亡父が創立した映画制作会社「キネマ・エトワール」社長を務める守は美食、高級ファッション、映画を愛する独身貴族。初回は、オーナーである叔母の顔を立てるため、配給会社の会長令嬢とお見合いをするも、本人には結婚する気が全くない。専務で守の弟・進は離婚協議中ながらも今も恋愛に忙しい日々を送っている。一方、脚本家を夢見ながらも一向に芽が出ないゆきは恋愛も仕事もうまくいかない。脚本コンクールに落選し、貯金も底をついたゆきは、親友の沙織(西原亜希・26)の紹介でハウスクリーニングのアルバイトを始めることになり…という展開だった。

 前クール(7月~9月)の同枠ドラマ「Oh,My Dad!!」(織田裕二主演)の初回は13・3%だった。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「なつぞら」」特集記事

2013年10月11日のニュース