ASKA音楽活動自粛 薬物疑惑報道「社会的責任を踏まえ」

[ 2013年10月11日 06:00 ]

「CHAGE and ASKA」のASKA

 「CHAGE and ASKA」のASKA(55)の所属事務所は10日、ASKAの音楽活動自粛を発表した。

 一過性脳虚血症の疑いでASKAは現在静養中だが、一連の薬物使用疑惑の報道を受けて「世間をお騒がせしたことへの社会的責任を踏まえた」と説明した。期間は未定。

 ASKAは9日発売の「週刊文春」に掲載された記事で、覚せい剤吸引疑惑を自ら否定した。一方で、暴力団関係者との交際があったことは認めている。ASKAが無断で同誌の記者と接触したとし、事務所は「信頼関係を損なうものとして大変遺憾」とした。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「なつぞら」」特集記事

2013年10月11日のニュース