成海璃子 DV男はゴメン!9・8放送WOWOWドラマ主演

[ 2013年9月8日 07:16 ]

WOWOWの連続ドラマW「鍵のない夢を見る」の第2回の主演を務める女優成海璃子

 WOWOWは8日、連続ドラマW「鍵のない夢を見る」(日曜後10・00)の第2回を放送する。若手人気作家・辻村深月氏(33)の第147回直木賞受賞作品を映像化した全5話。初回の1日はダメ男に振り回される女性を倉科カナ(25)が演じて好評を博した。

 第2夜「美弥谷(みやたに)団地の逃亡者」は成海璃子(21)がDV男から離れられない女性・美衣を演じている。

 「物語が面白く是非やりたいと思いました」とストーリーには興味津々の成海もDVそのものには当然理解できるものではなかった。しかし、DV男について行く美衣については「自分に自信もなくて弱いところもある。殴られても『ごめん』と言われることで自分の存在意義を見出してしまうのでは?」と分析。ドラマについても「感情移入せずに淡々と進んでいくところが面白いと思う」とPRし、「ラストは女の人はこうだなあ~と感じてもらえると思います」と自信をのぞかせている。

 殴られても蹴られても身体が男から離れられない女・美衣の今夜のお話は…。美衣(21)と陽次(22)は海に向かっていた。2人の出会いは4年前。処女を卒業するためだけに出会い系サイトを使うようになった美衣は陽次と出会い、交際を始める。幼いころから自分では何も決めてこなかった目立たない美衣は強引にでも引っ張ってくれる陽次に惹かれていく。やがて陽次はDV男に変貌した。気づいた美衣の母は警察に駆け込んだ。それでも離れられない美衣に訪れた突然の悲劇…。

 共演は大東駿介(27)、高島礼子(49)ほか。

続きを表示

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2013年9月8日のニュース