宮崎駿監督「風立ちぬ」無念…ベネチア国際映画祭 受賞ならず

[ 2013年9月8日 03:00 ]

受賞を逃した「風立ちぬ」の宮崎駿監督

 イタリアで開催されていた「第70回ベネチア国際映画祭」の授賞式が7日夜(日本時間8日未明)に行われ、コンペティション部門にノミネートされていた宮崎駿監督の「風立ちぬ」は受賞を逃した。また、オリゾンティ部門の園子温監督「地獄でなぜ悪い」も受賞しなかった。

 金獅子賞(最高賞)には、ジャンフランコ・ロッシ監督のイタリア映画「Sacro Gra」(サクロ・ゲラ)が選ばれた。

 ほか、銀獅子賞(審査員大賞)には「ストレイ・ドッグス」(ツァイ・ミンリャン監督)、銀獅子賞(監督賞)は「ミス・バイオレンス」のアレクサンドロス・アブラナス監督。男優賞には「ミス・バイオレンス」のテミス・パヌ。女優賞には「カステラナ・バンディエラ通り」のエレナ・コッタが選ばれた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2013年9月8日のニュース