すみれ サプライズプレゼントに感激!「サンキュー」連呼

[ 2013年7月11日 12:35 ]

「クリスチャン・ラッセン来日展」でラッセン氏(右)から絵画をプレゼントされたすみれ

 石田純一(59)の長女で女優のすみれ(22)が11日、都内で開かれている米国人画家・クリスチャン・ラッセン氏(57)の来日展にゲストとして登場。15日に誕生日を迎えるすみれは、ラッセン氏から人魚をモチーフにした絵画を贈られるサプライズに大喜びだった。

 ラッセン氏は、すみれのために自らの絵がプリントされた特大ケーキと、海中で人魚が泳ぐ絵画をプレゼント。ディズニー映画「リトルマーメイド」の主人公・アリエルをモチーフにしたといい、「肉体も心も美しいすみれさんにピッタリ。このサイズは世界に1点もの。フレームも特別にあつらえました」と説明した。

 すみれは、突然の贈り物に目を丸くしながらも「リトルマーメイドは小さい頃から大好き。海も特別な心の場所。本当にうれしい」と感激。英語で「サンキュー」を繰り返し、ラッセン氏への感謝を表現した。

 ハワイ在住のラッセン氏は海の風景やイルカなどを得意にした作風で、7歳から同地に移住したすみれにも昔から親しみのある画家だったという。

続きを表示

「美脚」特集記事

「騒動特集」特集記事

2013年7月11日のニュース