堂々宣言!まゆゆ「今年は1位を目指して頑張る」

[ 2013年5月5日 06:00 ]

出版記念握手会を行った渡辺麻友

 6月8日に日産スタジアムで開票イベントが行われるAKB48の第5回選抜総選挙が4日、本格化した。立候補者248人が正午、動画投稿サイト「You Tube」でアピールコメントを一斉公開。21日午前10時からのファン投票に向け、個性的な“政見放送”で主張した。

 昨年2位の渡辺麻友(19)は悲願の奪首へ決意表明。昨年の開票イベントで「来年こそは1位を獲りたい」と宣言してから1年がたち、次世代エースへ成長しており「今年は昨年言った通り1位を目指して頑張っていきたいので、応援をよろしくお願いいたします」と力強く語った。

 夕方には新作写真集「渡辺麻友制服図鑑 最後の制服」の発売を記念して約2000人との握手会を東京・福家書店新宿サブナード店で開催。今年発表されたAKB48のシングル2作でセンターを任され「自分にも気合が入った。メンバーと協力しながらグループを良くするために頑張っていきたい」とポストエースへの自覚をのぞかせた。

 連覇を狙う大島優子(24)は248人の動画の中で、抜群の存在感を発揮。総選挙を「祭」と筆書きで表現。「祭りじゃ~!」と叫んで見えを切るなど、自然体で楽しんでいる様子。

 前回8位で、年内で卒業する板野友美(21)は「99%立候補するつもりはなかった」と明かし、ファンの後押しで最終的に決断したと説明。前回14位で、恋愛スキャンダルの責任を取り丸刈りにした研究生の峯岸みなみ(20)はキャップをかぶり、三つ編みのウイッグ(かつら)姿で「どんな結果も受け入れ、新しい自分としてまた一歩歩きだしたい」と神妙な表情で語った。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2013年5月5日のニュース