大島監督を悼む 藤竜也「35年前なのに戸惑うほど鮮やかな記憶」

[ 2013年1月16日 07:09 ]

15日に死去した大島渚さん

 大島渚監督の悲報に、かつて監督の作品に出演した俳優らからは、その死を悼む声が聴かれた。

 ▼藤竜也(「愛のコリーダ」主演) 大島さんと仕事をしたのは35年も前なのに、戸惑うほど鮮やかに、彼は僕の記憶の中に生きています。大島さんは才能の人である以上に愛すべき人でした。ありがとうございました、大島さん。

 ▼映画監督・吉田喜重さん 松竹に入社し、最初にかかわった映画の助監督が大島だった。生活のために監督になったという共通点もあり親しくなったが、互いの考え方の違いが分かり1年ほどで疎遠になった。ただ2人が商業主義に流れていた50~60年代の映画に対して初めから批判的に見ていたことは共通している。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2013年1月16日のニュース