たけし巨大機械彫刻アート 古井戸から8メートル怪物

[ 2013年1月16日 06:00 ]

ビートたけし(左)とヤノベケンジ教授は、コラボで完成した作品を公開する

 ビートたけし(65)が15日、東京都現代美術館(江東区)で、出演番組「たけしアート☆ビートスペシャル」(NHK―BSプレミアム、31日後9・00)の会見を行い、番組内で製作した巨大アートを披露した。

 タイトルは「地底からの怒り」で、古井戸の中から高さ8メートルの怪物が出てくる機械彫刻作品。コンセプトを「かつて畏敬の対象だった古井戸が、今は単なるゴミ捨て場になった。その怒りを表現した」と説明した。16日から2月3日まで同美術館で展示される。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2013年1月16日のニュース