稼農楓 スパガ卒業を発表「ゼロからスタートしたい」

[ 2013年1月16日 21:14 ]

「SUPER☆GiRLS」の卒業を発表した稼農楓

 「SUPER☆GiRLS」の稼農楓(かのう・かえで=20)が、公式HPと自身のブログで16日付での卒業を発表した。

 稼農は今月10日、自身のブログを更新し、昨年末から体調不良が続いていることを明かしていた。「早く体調が治るように専念しますので、ファンの皆さんは、私の分まで思いっきりスパガのライブで楽しんで頂けたらと思います」と早期回復を誓っていた。

 だが、この日「昨年末からの体調不良でお休みをさせて頂いた間に、この2年半の活動や、自分自身の将来についてゆっくり考えることが出来ました」とし「20歳になってみて、私自身の未熟さや甘えていた部分を変えたい。あらためて、将来についてゼロからスタートしたい。そういう思いを、スタッフの皆さんや、家族と相談した結果、このたび、私稼農楓は、本日1月16日を持ちまして、SUPER☆GiRLSを脱退させて頂くことなりました」と報告している。

 また「本当に急なお知らせで、今まで応援してくださったファンの皆様には本当に申し訳ない気持ちでいっぱいです。今までも、私自身のことで色々とご迷惑をお掛けしたりして、何度謝っても許されないかもしれません。本当にごめんなさい」と謝罪した。

 「SUPER☆GiRLS」は、今年6月に初の日本武道館公演を行うことになっていたが、稼農の卒業で10人体制となる。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2013年1月16日のニュース