大島渚監督の葬儀日程決まる 葬儀委員長は崔洋一監督

[ 2013年1月16日 14:29 ]

15日に死去した大島渚さん

 15日に80歳で亡くなった映画監督の大島渚さんの葬儀・告別式の日程が16日、決まった。

 通夜は21日午後6時から東京都中央区築地の築地本願寺で。葬儀・告別式は、22日午前11時から同所。葬儀委員長は大島さんの76年の作品「愛のコリーダ」で助監督を務めた映画監督の崔洋一氏。喪主は妻の俳優小山明子(こやま・あきこ)。

 大島さんは96年2月に渡航先のロンドン・ヒースロー空港で脳出血に見舞われ、一時右半身まひに。リハビリを続け、99年公開の「御法度」で監督復帰したが、01年にも十二指腸潰瘍穿孔(せんこう)で倒れ、11年10月初旬に嚥下(えんげ)性肺炎で一時意識がなくなり入院。その後、療養していたが、昨年12月に肺炎と診断された。15日に容体が急変し、眠るように息を引き取った。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2013年1月16日のニュース