C@n―dols CD2枚で1分間希望メッセージ

[ 2013年1月16日 06:00 ]

真っ赤ないちごを手に笑顔を見せるC@n-dolsの(左から)近藤綾、大野愛友佳、鎌田三由紀

 ユニークな「ご奉仕アイドル」が誕生する。平成のキャンディーズを目指して結成された「C@n―dols(キャンドルズ)」だ。2形態で発売する4月4日のデビューCDを2枚以上購入した人には漏れなく、希望したメッセージを1分間メンバーが言ってくれる。つまり、1分間あなたの言いなりになってくれるのだ。

 好意を寄せる相手に告白したい男性を「○○君はとても気さくで話しやすいところがあるので応援しています」と激励するなどシチュエーションはさまざま。企業の場合は、商品名とその魅力をPRする。過激な言葉を希望する場合も想定されるが、所属レコード会社は「常識の範囲内の言葉に限ります」と強調。メッセージはウェブCMとして特設サイトなどへ公開する。

 78年にキャンディーズが後楽園球場で解散公演を行った4月4日に、キャンディーズの楽曲でデビュー。3人は後楽園を訪れ「私たちも伝説を残したい」と目を輝かせていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2013年1月16日のニュース