下ネタ発言を反省?金爆 真面目に「蛍の光」、共演者にも低姿勢

[ 2012年12月30日 19:14 ]

紅白歌合戦のエンディングリハーサルで「蛍の光」を歌う「ゴールデンボンバー」。(左から)鬼龍院翔、喜矢武豊、歌広場淳、樽美酒研二

 大みそかの「第63回NHK紅白歌合戦」(後7・15~11・45)に向けたリハーサルが30日、東京・渋谷のNHKホールで行われた。急性声帯炎で前日の歌唱リハーサルを見合わせていたきゃりーぱみゅぱみゅ(19)は「ファッションモンスター」などを披露。全員リハーサルでは隣り合った「ももいろクローバーZ」の百田夏菜子(18)、高城れに(19)と談笑し、元気な笑顔を見せた。

 また、29日に下ネタ発言を連発した“問題児”の「ゴールデンボンバー」の4人はエンディングリハーサルで「蛍の光」を真面目に歌唱。出演者たちにも丁寧に頭を下げていた。

 同局の原田秀樹チーフプロデューサーは下ネタ発言についてクギを刺していたが、本人たちに直接指導があったのか、と記者から質問されると「分かんないですけど、それは事務所の方がもしかしたら…」と濁していた。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「竹内結子」特集記事

2012年12月30日のニュース