美輪明宏 この日は全身黒…紅白CP「本番の衣装じゃないと思う」

[ 2012年12月30日 18:29 ]

紅白歌合戦リハーサルで、黒色の衣装で「ヨイトマケの唄」を披露した美輪明宏

 大みそかの「第63回NHK紅白歌合戦」(後7・15~11・45)に向けたリハーサルが30日、東京・渋谷のNHKホールで行われ、美輪明宏(77)は全身黒色の衣装で「ヨイトマケの唄」を歌い、独自の世界観を作り上げた。

 同局の原田秀樹チーフプロデューサーは「本番のイメージにより近い衣装で来られたと思います」としながらも、「美輪さんは本番の衣装じゃないと思う」と当日の衣装については明言を避けた。30日のリハーサルには青色の衣装で臨んでいた。

 また、女優綾瀬はるか(27)主演のNHK大河ドラマ「八重の桜」(来年1月6日スタート、日曜後8・00)にちなんで、八重桜の映像を背景に氷川きよし(35)は「櫻」を、坂本冬美(45)は「夜桜お七」を歌い上げた。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「竹内結子」特集記事

2012年12月30日のニュース