メガまゆゆ アキバ降臨!第3弾ソロ特典で“手作り”特撮映像

[ 2012年11月14日 06:00 ]

アキバにメガまゆゆ降臨!?秋葉原のメーンストリートを再現した手作り感あふれるセットで決めポーズを取るAKB48の渡辺麻友

 AKB48の渡辺麻友(18)が“メガまゆゆ”になってアキバに降臨した。同世代の大学生が製作した特撮ショートムービー「超・女神降臨~巨大マユユ、秋葉原に出現!!~」に主演。この作品は21日発売のソロ第3弾シングル「ヒカルものたち」の特典DVDとして収録される。

 宇宙から来た巨大な女神(渡辺)が秋葉原の街に漂着。砂ぼこりを巻き上げながらメーンストリートを歩き、失った記憶を探していく内容。

 「いつも大人ばかりと仕事しているまゆゆが、同世代と一つのモノを作ったら面白いのでは?というアイデア」(関係者)から企画が生まれ、総合プロデューサーの秋元康氏(54)が副学長を務める京都造形芸術大学の学生が撮影。手作り感あふれるセットでAKBの本拠地を再現し、本番では何度も撮り直しながら9時間かけて完成させた。

 渡辺は同世代と仕事したことが大きな刺激になったようで「私と年齢の近い方が、夢に向かって諦めずに前向きに頑張る姿を見て、さらに頑張らなければ…という気持ちになりました」と話していた。

 3形態ある初回限定盤のCDにはそれぞれ違う特典映像を収録。今回の作品のほか、全国47都道府県の高校制服を着用した「まゆゆ制服コレクション」、小嶋陽菜(24)主演ドラマのスピンオフ作品「まゆたんって魔法つかえるの?」がある。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2012年11月14日のニュース