“体験者”飯星景子が洗脳語る「ある日真っ赤に…」

[ 2012年2月24日 06:00 ]

 タレントの飯星景子(49)が23日、日本テレビ系「情報ライブ ミヤネ屋」で「わたしも似た経験がある」とした上で、「ブレない自分になりたかった」と振り返った。 

 洗脳されていく過程を浴槽に例え、「透明のお湯に毎日コップ1杯の赤い水を足していくと、ある日真っ赤になっている」と表現。自身は、父親で作家の故飯干晃一氏が弱々しい姿でカウンセラーに会ってほしいと懇願してきた時に「わたしがそうさせたのか」と思い、話を聞くきっかけになったという。中島へは「必ず戻るチャンスはある」とエール。

続きを表示

「美脚」特集記事

「三浦春馬」特集記事

2012年2月24日のニュース