大森南朋を褒めまくる光石研 タン塩弁当もかっこいい?

[ 2012年2月24日 18:18 ]

映画「東京プレイボーイクラブ」トークイベントで、顔を見合わせる大森南朋(左)と光石研
Photo By スポニチ

 俳優の大森南朋(40)が24日、都内で行われた主演映画「東京プレイボーイクラブ」(奥田庸介監督、公開中)のトークイベントに、共演の光石研(50)とともに登場した。

 「飲み友達」として十数年の付き合いという2人。光石が「飲んでもこのまま(変わらない)」とプライベートの姿を明かすと、大森も小声で「そんなに変にならないですよね」と自信なさげに返答し、互いに顔を見合わせる場面も。

 光石は役者としての大森を「とにかくかっこいい」と絶賛。歩く演技の難しさを説明しながら「大森さんはとても自然に歩く」と、撮影中に思わず話しかけたというエピソードを披露した。大森も「先輩にほめられるとうれしい」と笑顔。また、大森が差し入れたタン塩弁当が「この世界に入って一番おいしい弁当だった」と振り返り「こういうことをやるからかっこいい」とまだまだ褒め足りない様子だった。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「三浦春馬」特集記事

2012年2月24日のニュース