麻央ダメ出しも…海老蔵イクメン「勉強になって楽しい」

[ 2012年2月24日 06:00 ]

阪急メンズ館東京のイベントで、笑顔でパパとしての秘話を明かす市川海老蔵

 歌舞伎俳優の市川海老蔵(34)が公の場で初めて子育てを語った。東京・有楽町の「阪急MEN’S TOKYO」のイベントで、7カ月の長女・麗禾(れいか)ちゃんが“動物園デビュー”を果たしたことなどを明かした。お風呂に入れたりしているものの、麻央夫人(29)からはダメ出しされるという。

 子育ての話題になると、成田家のお家芸「にらみ」の目力からは想像できない優しいまなざしを向けた。対談相手の男性向け月刊誌「ゲーテ」の編集長・舘野晴彦氏から近況を質問され、「最近、動物園に行ったりしました」と返答。「お子さんと?」と聞かれ、「はい」と照れ笑いを浮かべ、ほのぼのとした休日の様子を明かした。

 昨年7月25日に生まれた麗禾ちゃんにはメロメロの様子。「生まれてからすぐは僕が抱っこすると、(泣きやんで)涙を流さなかったんです」と説明。「その後に3カ月、(公演で)地方に行っていたので忘れられてしまったみたい」と少し肩をすぼめ、「でも最近は東京にいるので大丈夫です!」。まるで恋人とのやりとりのような話っぷり。

 子育てで役割分担の一つが入浴。新米パパゆえにまだ100点ではないらしく、「頑張っているつもりなんですけど、妻からは、もっと入れる回数を増やした方がいいと言われています」と頭をかいた。そして、「女性は大変だと思います。僕も大変さを実感していますが、勉強になって楽しいです」と続けた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「三浦春馬」特集記事

2012年2月24日のニュース