「新しい福島、つくろう」福山雅治らが支援ライブ

[ 2011年9月17日 18:46 ]

 アイ・ラブ・ユー・ベイビー、ふくしま―。福島県郡山市の野外スポーツ施設で17日、東日本大震災の復興支援イベント「LIVE福島 風とロックSUPER野馬追」が開かれ、福山雅治や、長沢まさみら人気ミュージシャンや俳優が多数参加し、原発事故で日常生活が脅かされている人々を音楽で元気づけた。

 イベントは同県郡山市出身のクリエーター箭内道彦さんが企画した。14日から福島県を横断して行われており、この日が最大規模。

 箭内さんやサンボマスターの山口隆ら同県出身者でつくるバンド「猪苗代湖ズ」が古里に思いを込めた話題曲「I love you & I need you ふくしま」を約2万人の観客と大合唱。山口は「一緒に新しい福島をつくろうぜ」と沸かせた。

 福山は「桜坂」などを熱唱。郡山市出身の西田敏行も「このパワーを復興に向けた力にして頑張ろう」と訴えた。

 「これだけの人気者が集まってうれしい。頑張りたい」と涙ながらに話すのは、浪江町から福島市に避難しており、再就職先を探している30代男性。子ども連れの主婦も「福島に注目が集まってくれれば」と楽しそうだった。

 箭内さんはコンサートを「福島の人には前向きに生きるきっかけにしてほしい。全国、世界の人は福島を忘れないで」と話した。

 イベントは18日は相馬市、19日にはいわき市で参加するミュージシャンが変更して続けられる。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2011年9月17日のニュース