ホラーは苦手ですが…満島ひかりノリノリ「ハリウッド行っちゃう?」

[ 2011年9月17日 15:31 ]

映画「ラビットホラー3D」初日舞台あいさつに登場した澁谷武尊(中央)と満島ひかり(右)

 映画「ラビットホラー3D」の初日舞台あいさつが17日、都内で行われ、主要キャストの満島ひかり(25)、澁谷武尊(11)が登場した。

 澁谷演じる心優しい少年・大悟が突然学校の飼育場にいるウサギを惨殺したことから物語は始まり、異世界へのスリップもカギとなるファンタジー色の強いホラー作品。大悟の姉で、言葉の不自由なキリコ役を務めた満島は「ホラー映画は苦手なんですけど、ホラーでしか描けないファンタジー要素がたくさん詰まった話だなと思って」出演を決意したという。

 仕上がりには大満足しているものの、「またホラー映画のオファーが来たら?」と問われると「うーん、難しいですね」と思案顔。「武尊くんと一緒なら。本当に素敵な人です。子どもとか大人とかじゃなく人間として素敵な人なんです」と弟役の澁谷を絶賛した。

 清水崇監督はこの日新作3D映画の撮影でハリウッドを訪れていたため欠席。満島は澁谷に「ハリウッドでまた(清水監督)とご一緒しちゃおうか?行って出ちゃう?」と冗談まじりにハリウッド進出を口にした。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2011年9月17日のニュース