松浦亜弥 ブログで「子宮内膜症」を告白

[ 2011年8月31日 06:00 ]

子宮内膜症と診断されていたことを公表した松浦亜弥

 歌手の松浦亜弥(25)が30日、自身の公式ブログで「子宮内膜症」を患っていることを告白した。

 所属事務所によると、松浦は約4年前から腹痛による体調不良をたびたび起こすことがあったという。子宮内膜症は主に生理時などに激しい痛みを伴うとされる。

 松浦は「私が話すことで、少しでもたくさんの女性の方にこの病気について知ってほしい」と説明。通院などはしておらず、今後も体調と相談しながら仕事を続ける。また、約4年半MCを務めた日本テレビ系バラエティー「メレンゲの気持ち」を9月いっぱいで卒業することが同局から発表された。同局によると、定期的なMC交代の一環だという。

続きを表示

「美脚」特集記事

「三浦春馬」特集記事

2011年8月31日のニュース