久保田利伸“映画でしか聴けない”主題歌完成

[ 2011年7月1日 06:00 ]

映画「夜明けの街で」の深田恭子と岸谷五朗のラブシーン

 シンガー・ソングライターの久保田利伸(48)が、俳優の岸谷五朗(46)と女優の深田恭子(28)が共演する映画「夜明けの街で」(10月8日公開)の主題歌を担当する。

 幸せな家庭がある大手建設会社勤務のビジネスマン(岸谷)が派遣社員(深田)と不倫関係になる大人のラブストーリー。作品のテーマを十分に吟味し、書き下ろし曲「声にできない」を完成させた。

 昨年、デビュー25年を迎え、切ない恋心を歌った初期の代表作「Missing」と同じ世界観の曲作りに乗り出した時に、主題歌の話が舞い込んだ。若松節朗監督(62)からは「作品にぴったり」と太鼓判を押された。

 英語と日本語の2バージョンを製作し、主題歌用にはさらにミックスバージョンを作製。CD化の予定はなく、映画のみで聴ける曲になる。

 ♪逆らうほど 会いたくて――の歌詞がぴったりな、岸谷と深田のラブシーンも初公開された。

続きを表示

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2011年7月1日のニュース