寺内タケシ 慈善ライブで高校生らにエール

[ 2011年7月1日 06:00 ]

岩手県宮古市の県立宮古商業高校でチャリティーライブを開いた寺内タケシ

 60年代にエレキブームを仕掛けた歌手の寺内タケシ(72)が30日、岩手県宮古市の県立宮古商業高校でチャリティーライブを開いた。

 被災者や高校生ら約1100人を前に、「津軽じょんがら節」など13曲を披露。「みんなの世代が頑張らなきゃこの日本ダメになっちゃう」と勇気づけた。後援会からお菓子1200個などが配られた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2011年7月1日のニュース