「シャンプーハット」てつじ“発展的閉店”に意欲

[ 2011年7月1日 06:00 ]

 お笑いコンビ・シャンプーハットのてつじ(35)がプロデュースする大阪・東心斎橋のつけ麺店「宮田麺児」が、8月31日に閉店することが30日、分かった。

 昨年4月16日にオープン。小麦を原料にした3種類の麺やオリジナルスープで人気を呼び、行列ができるほどの人気ぶりだったが、関係者によると、てつじが「さらなる小麦の可能性を求めて麺作りに挑戦したい」と決意。売り上げも好調の中での“発展的閉店”を選択した。新スープにもチャレンジし、新たなつけ麺が完成すれば再び営業を始める予定。てつじは「宮田麺児エピソード2に向けて頑張りたい」と意気込んでいるという。

続きを表示

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2011年7月1日のニュース