拓郎ラジオに出演へ!無念の公演中止を謝罪

[ 2009年8月15日 06:00 ]

 体調不良で生涯最後の全国ツアーを中止した歌手の吉田拓郎(63)が、17日放送のニッポン放送「わが青春の吉田拓郎!坂崎幸之助のオールナイトニッポンGOLD」(後10・00)に出演する。このほど電話による収録を行ったもの。7月4日の東京公演以来の肉声で「元気です!」と語り、ギターで曲作りを始めていることも明かした。

 拓郎は張りのある声で、パーソナリティーを務めた「THE ALFEE」の坂崎幸之助(55)に自宅で安静にしている現在の状況について「長時間乗り物で移動したりステージで2時間半~3時間半歌うのはきついが、日常生活には問題ないので、通常の生活を送っている」と語った。
 6月21日に生涯最後のツアー「Have A Nice Day」を名古屋でスタートさせたが、7月8日の大阪公演を中止。同22日に3日後の静岡公演で復帰する意向を示したが、翌23日、リハーサルで現地に向かう途中に再び体調を崩し、都内の病院で「慢性気管支炎の急性増悪」と診断され、残りの公演も無念の中止となった。
 拓郎は「(公演は)最悪の結果となってしまい、チケットを買って待ってくれていた全国の皆さんに申し訳ないことをした。この場を借りておわびしたい」と謝罪。一方、「今月はまだ家から一歩も出ていない。お酒は一切飲んでいない。作曲にはもってこいの状態」と静養生活を前向きにとらえ、「次のアルバムへ向け、ギターで曲作りを始めている」とも明かした。さらに「歌うことが終わったわけではない。この秋は曲作りに専念する。アルバムを作りたくてウズウズしているし、レコーディングをしたい。70年代のようなライブをやりたいので、何人かに電話してみようと思っている」と語った。
 「最高の理解者」とも言われ、プライベートでも仲の良い坂崎相手に30分近く語り、順調な回復ぶりを印象づけた。坂崎がパーソナリティーの「わが青春の…」は17~20日で、21日は拓郎が「どうしてあんなに元気なのか?」と話したムッシュかまやつ(70)が担当する。

続きを表示

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2009年8月15日のニュース