早乙女太一も納得のこだわり携帯高級ケース

[ 2009年8月15日 06:00 ]

ソフトバンクのイベントに登場した早乙女太一

 俳優の早乙女太一(17)が14日、都内で行われたソフトバンクの携帯電話アクセサリー新商品、iPhone用ケースとそれを収納する専用袋の発表会に出席した。

 日本の伝統工芸である漆を用い、戦国時代を代表する織田信長、伊達政宗、直江兼続ら5人の武将をモチーフにデザインしたセット(1セット約10万円)で、受注生産という高級品。早乙女は、伊達政宗の三日月模様の兜(かぶと)の前立てをあしらったケースと、陣羽織の紫地に水玉模様をデザインした専用袋がお気に入り。「(ケースの)雰囲気が静かでいい。伊達政宗は演じてみたい役の1人です」と話した。大衆演劇の天才女形としても人気だが、歴史を彩った女性シリーズが出たら?との質問に「いいですね。出たらぜひ買いたい」と乗り気だった。

続きを表示

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2009年8月15日のニュース