ソフトバンク 3年目正木が今季初安打&初打点 初回に中前適時打を放ち「この試合に懸けていた」

[ 2024年6月21日 23:45 ]

パ・リーグ   ソフトバンク9-4ロッテ ( 2024年6月21日    北九州 )

<ソ・ロ>初回、中前適時打を放つ正木(撮影・成瀬 徹)
Photo By スポニチ

 ソフトバンクの3年目・正木智也外野手が、今季初安打を含む2安打をマークした。

 「6番・左翼」で今季初のスタメン出場。初回に1点を先制し、なお2死一、三塁で回ってきた第1打席で中前適時打を放った。

 「ホッとしたし、やってきたことが合っていたんだと思った。この試合に懸けていた」と正木。

 5回にも中前打を放ってマルチ安打。昨季は15試合で打率・038に終わった男は逆襲に燃えている。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2024年6月21日のニュース