シーズン100敗ペースの西武 球団最多は71年の84敗…過去100敗以上は1チームのみ

[ 2024年6月21日 22:50 ]

パ・リーグ   西武0-2オリックス ( 2024年6月21日    京セラD )

<オ・西>選手交代を告げる渡辺監督代行(撮影・井垣 忠夫)
Photo By スポニチ

 西武はオリックスに0-2で敗れ、3試合連続零敗で今季4度目の5連敗。64試合目で45敗目(19勝)を喫してシーズン100敗ペースとなり、借金は今季ワーストを更新する26にまで膨れ上がった。

 シーズン100敗以上は過去に1チームのみで、1961年近鉄の36勝103敗1分け(140試合)勝率・259。

 近年のパ・リーグでは参入1年目だった05年楽天の38勝97敗1分け(136試合)勝率・281の「97」が最多。西武の最多敗戦数は71年西鉄時代の38勝84敗8分け(130試合)勝率・311で、今季はこれを大幅に上回るペースで黒星を重ねている。

 近年のセ・リーグでは03年横浜の45勝94敗1分け(140試合)、08年横浜の48勝94敗2分け(144試合)、09年横浜の51勝93敗(144試合)、10年横浜の48勝95敗1分け(144試合)、17年ヤクルトの45勝96敗2分け(143試合)などがある。

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2024年6月21日のニュース